スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみた

Terragenというフリーソフトの事を知る。
地形作成ソフトというもので、ランダムで地形を作成し描写してくれるものみたいです。

とりあえず適当にレンダリングしてみた
12112501.jpg

寂しいので水面を追加
12112502.jpg

山らしく緑も追加
12112503.jpg

といった感じに軽く触れてみました。
操作は使い方サイトを参考に5分程度の作業でした。
地形はランダム生成だけでなく、自分で好きな様に生成する事もできるみたいです。
各種設定を弄ればもっと色々できそうです。

今のところ私に使い道は殆ど無さそうですが、何かに使えないかな?と色々想像してみる。
スポンサーサイト

3D製作記その2

会社が休業日を設定したので思いもかけず時間が出来た(゚∀゚)
普通に考えれば不安がったり悲観すべき所なのでしょうが・・・ ・・・これ以上ないってタイミングなもので、手放しで喜んでますけどねw

そんな訳で勉強しながらの製作なので、時間が色々かかると予想している3D人形制作記に着手してみる。
制作方法は参考書の手順を踏襲。
↓以下参照
ローポリスーパーテクニック ntny/著

この本ではMetasequoia(通称メタセコ)を使っての制作方法を紹介しているのですが、LWでも同じ様な事若しくは近い製作は出来るであろう・・・ ・・・と深く考えもせずにやってみる。
出来なきゃ出来ないでモデル製作用にメタセコ導入すればOKなノリで。
ちなみにこのメタセコの経験は、人様のデータを閲覧する際に触れた事がある程度。

09030901.jpg

ナニカガチガウキガスル。
基本的に1ポイント毎の手作業製作。
下絵を元にポイントを置く→修正→ポイントを置く→修正以下エンドレス。
下絵製作時にパーツ毎の位置関係だけは揃えた心算だったのですが、全然甘かった。
破綻著しいのは口元だった様で整合性もへったくれも無い。

だがしかし、自分の絵がモリモリ立体化するのはやっていて楽しい。
絵を描く際にあまり意識しない「立体としての見え方」を嫌でも意識させられますね。
デッサンを全くやってこなかった身としては「トホホ」な気分にはさせられますが、コレを機に2Dの腕も上達してくれれば・・・ ・・・などと甘い夢をみつつ。

本では「下絵が肝心」と書いてあるのですが、絵描きとしての実力がそもそも違うせいか、LWで修正する部分が多過ぎて困る。
学ぼうデッサン逃げずにやろうデッサン。

09030902.jpg

めげずにモリモリ製作。
修正すべき部分は鼻筋の分割の見直しと顎のラインの分割方法。
欲しいと思う形になってないので、欲しい形の明確化と実現って所でしょうか・・・ ・・・兎に角手を動かすべし。

後々問題になる部分は間違いなくUV展開。
LWのそれでまともに出来た事が無いUV展開。
いつもそこで挫折するぜUV展開。
んー参考本では簡単に作っている様に見えるのにねぇ・・・ ・・・まったく。

3D製作記 その1

今年は、ローポリでビネット風作品を一つ作る事を目標にやっていこうと思った訳ですが、あまり得意でない・・・むしろ絵を描く際にもやった事の無い「イメージを作りこむ」事を手始めにやってみようと。

素人が無理に考慮しない方が良さそうな気もするのですが、3Dで作る事を前提にキャラクターを組み立ててみようかと。
失敗したらしたで「良い経験」にはなるであろう・・・と。

09011201.jpg
↓顔資料
09011202.jpg
無論作るのは女の子の方。
異論は認めない。

個人的に大好きな「騎士」やら「戦士」の類で、竿系の武器なぞ用意してみたり。
なにせイメージするのは苦手なので、適当に落書きして後から色々足したり引いたりすれば良いやと、兎に角手を動かしてみる。

ざっと描いてみたところ・・・センス無さ過ぎオレ哀れ。
何でも良いから目に入る形になっているって事は大事だと思った今日この頃。

LW格闘中 その5

今回も懲りずにLW関連。
ほんの僅かでもソフトの機能を把握しようと必死。
そもそも本体のマニュアルを所有していない事が問題だと感じつつ・・・ ・・・体力任せに楽しくやってます。
気合と根性do(´∀`)==○)θ゚)∵

ソレも無ければ先には進めない事もあるって事でひとつ。



▽ここまでの作業の中で速攻で忘れそうな「Vertex Paint」によるウェイトの鏡面コピーメモ。
08030102.jpg

使用タブは上記の赤丸で囲った3つ。


左半身(右でも可)のウェイトとボーンの設定

設定の終わった左半身のボーンを「Skelegon Editor」等で右半身に鏡面コピー。
ココまで「ウェイト鏡面コピーの下準備」

以下ウェイトの鏡面コピー方法
Vertex Paint起動後Weightタブ選択

Bone項目でコピー元のボーンを選択

Editよりcopyを選択

Bone項目でコピー先のボーンを選択

EditよりPaste-xを選択

※注記「weight」の設定は「ポイント」に設定されている。
以上

個人用メモみたいなものです(´A`
ファイル名やボーンの名前へのツッコミはナシで。
要は自分で即「ソレ」と分かる事が大切( ゚Д゚ ;


▽現在はIK設定の勉強中。
↓その様子
08030101.jpg

チンプンカンプンから始めて変化が出てくると「コレおもしれー」状態。
肘・膝の制御がまだ全然ダメダメなのですが、絶対にココは完全把握したい箇所。

→イマイチBoneのバンクに関係する設定の意味や効果が認識出来ないでいるこの頃。
そもそも何が問題になるのか?どういった意味を持つのか?をキチンと問題として認識出来てないデスね。
疑問解消→人様の設定をなめる様に見て、自分でも色々試してみるしか無い←当面の結論・・・ダメかコリャw

→そもそもIKが有効な場面とそうでない場面もある様に感じる。
静止画なら必ずしも必要無い気がするし、制御が複雑になりかえって手間な場面も想定出来る。
疑問解消→人様の設定をなめる様に見て、自分でも色々試してみるしか無い←当面の結論・・・ダメかこryo(´∀`)==○)θ゚)∵
頭イタイ→落書きに逃げる→進歩無し。


そして思い出した様にジンバルロック問題発生。
完全に失念してました(´∀`;<アッタネソンナノ

「ジンバルロックとは?」
http://www.gashow.jp/cinemail/tips/ik-bone/index.html 参照
目下LWでのジンバルロック回避方法の勉強中。



ココで愚痴「アニメーションへの道なげーよ」



▽3Dアニメーション基礎勉強

フリーソフトの使用説明的な動画ですが、基礎知識としてはどれでも一緒だと思うので参考までに。



▽SAI正式版リリース
http://www.systemax.jp/sai/

した模様ですね・・・ ・・・まだDLしてないや。
支払い方法は最初からある程度選択させて欲しかったかな・・・。



▽F1
もうじき開幕だってのに全然気分が盛り上がらない。
今までこんな事は無かったのに・・・ ・・・orz

LW格闘中 その4

一度コレと決めてやり出すと覚える事がとたんに増えた。
意欲の度合いに対して覚えるスキルが多過ぎると・・・ ・・・まぁ大抵萎える訳do(´∀`)==○)θ゚)∵

今はとりあえずこんな感じでだらだらと進行中↓
08022401.jpg



非常にムズ面倒だったウェイトとボーンの関係も投げやり気味に納得できる範囲で設定出来たので、張り切ってポージングをしてみる・・・。



センスのかけらもねぇのは放っておくのが吉。



ウェイト・ボーンの設定は左半身は手作業→右半分のボーンはSkelegonEditerを使い、ウェイトはVertexPaintにてそれぞれミラーコピーして設定。
VertexPaintなるものの存在をココに来て初めて知ったが、便利だけども使い方に少しクセの様なものを感じたこの頃・・・ ・・・まあ慣れなんでしょうけどもね。
スカートとネクタイ(出来ればツインテールも)は物理演算機能を使って処理する心算。
表情付けにも是非挑戦したいところ。

最近ニコ動でよく見かけるコレ↓

練習にはもってこいの題材だと思うのでスキルアップも兼ねて挑戦してみたい。
自分に編集作業なんて事が出来るのかどうかは大いに疑問が残るw


一応落書きもしているのですよ。
カテゴリー
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
性別:♂

F1とゲームが好きな普通のサラリーマン。
とりあえず趣味人な駄目にんg

pixiv.gif




使用ソフト。
・LightWave 8.5
・SAI
・Photoshop 5.0
等々

リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。