スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ

MMD杯本選が始まった
12081801.png

そして脈絡無くアクセル・ワールドのブラックロータスを描いてみる。
近年では例が無いくらいツボに嵌る。

中世の鎧の資料が欲しいので物色中。
良いお値段するので失敗はしたくない。

▽拍手コメント返し
>1点台すごいです!!私は6点台でした・・・。
平行四辺形は物凄く苦手みたいです・・・一番欲しい所なのに。
丸・直線ときたので、四角も練習科目に追加しときます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地味にこっそり拝見してます。西洋鎧の本なら自分も幾らか持っているので、少しでも参考になればと思いまして。

細かい評はアマゾンさんとか見ると書評あるので、実際に絵を描いた時の感想です。

まずは…もし「絵描き鍛冶」さんというサイトはご存知なければ、そこ参照にするだけでも甲冑の構造や着色なんかがわかったりします。

そこで物足りない場合は、洋書のペーパーバックのものから買うのがいいと思います。100ページ以上、イラストしか載ってません。
『ARMS & ARMOR』と『WEPONS & ARMOR』とありますが、前者は鎧の全身が載っているものが多数あり、後者は武器がメインという感じですが、大判なので装飾が細かく見れます。

絵描き鍛冶さんと洋書で物足りない場合は、『西洋甲冑武器事典』に手を出すといいと思います。
マクシミリアン式とルネサンス期の甲冑に非常に詳しいです。

他にも数冊持っていますが、だいたいこの3つで事足りました。


それ以外では、馬上試合の様子や動く甲冑を見たい場合は『ロック・ユー』という映画、甲冑のつけかたや騎士以外の周辺の話も気になる場合は『中世ヨーロッパ騎士事典』なんかもいいかも知れません。

>まぐさん
ぐおっ、お久しぶりです。
こんな何も無いブログを見て頂けているとは地味に、いや結構嬉しい限りです。

鎧関係の話ですが、参考になる話ばかりでとても有難いです。
「絵描き鍛冶」さんと言うサイトは知らなかったので、早速通いつめてみたいと思います。

それと手元にいつでも眺めていられる様な一冊が欲しいと思っていました。
まずはお勧め頂いた「西洋甲冑武器事典」を考えてみようかな?と思います。
構造・形状もさることながら、実際の鎧の質感も分かるような資料を探していて、写真もあると嬉しいので。
それで事足らなかったら、他にお勧めして頂いた物も参考にして行こうと思います。

何はともあれ、わざわざ参考コメントありがとう御座いました。
引き続き、気が向いた時にでも遊びに来て下さると嬉しい限りです。
ではでは・・・ ・・・あぁ鼻血の絵拝見させて頂きましたw

やだハズカシー!ねじまきさんのエッチィ!(逃げ

コラコラ何を言ってるんですか(汁
カテゴリー
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
性別:♂

F1とゲームが好きな普通のサラリーマン。
とりあえず趣味人な駄目にんg

pixiv.gif




使用ソフト。
・LightWave 8.5
・SAI
・Photoshop 5.0
等々

リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。